物件探しのポイント(立地編)

人が集まる人が集まる場所なのか
業種にあっているか
地域の住宅状況など
買い物動向
地域の住宅状況など
地域の開発予定、今後の見通し

立地の特徴

オフィス街 飲食店など、昼に人が集中するのが特徴。サラリーマン、OL向きの商売
商店街 1. 大都市の繁華街
遊びや趣味を目的として歩き回る人が多いので、昼夜集客が可能。
賃料が高いのがデメリットで大量販売か高額商品でないと、採算が合わない可能性がある。
2. 地方商店街
昼間の人口が多いのが特徴。買回り品、中心となる為、その客層にあった店作りにする。
3. 近隣商店街
小さな町や私鉄駅前などにある商店街。
客足が減っている商店街もあるので、注意が必要です。
4. 新興繁華街
繁華街として、これから開発されていく地域。
借入金が完済するまでに開発が進むか慎重な見極めが必要である。
住宅街 昼間人口が少ない為、購買に結びつきにくい。朝夕のみ通行量が多いので、人口の多い住宅地を背後に控えた商店街、駅周辺は有効。
郊外 国道沿いに店舗が発展するケースが多い。
自動車で来店するお客を対象にした広域対象の安売店、レストランなどが多い。