売れる店舗と売れない店舗

売れる店舗

コンセプト 第一にお客様から見て「分かりやすい」店であるということが重要です。立地とターゲット、お客様が何を求めているかを見極め、ニーズがあるものを反映している。
メニュー構成 儲かる商品と定番商品をバランスよく扱い、売りたいものが明確。
スタッフ お客様を「もてなす」ことに集中している。また、礼儀と笑顔を忘れず、仕事に取り組んでいる。
教育 自分の店にふさわしい人を採用することに妥協せず、教育に熱心に取り組んでいる。
広告宣伝 常に、新規顧客の獲得の為の宣伝を行っている。

売れない店舗

コンセプト 自分の売りたいものだけを打っている独りよがりのお店。
メニュー構成 メリハリのないメニュー構成で、何を売りたいのか曖昧
スタッフ お客様より自分の仕事が優先で、「もてなす」ではなく「作業」になっている。
教育 バイトをやめさせないという考えから、厳しい、指導教育を行わない。
広告宣伝 広告費を惜しみ、2年以上、広告宣伝を行っていない。