店舗に応じたレイアウト(専門店編)

例)
専門店のレイアウト

ポイント

量販店とは異なるため、ショップコンセプト、ショップデザインに合わせて、レイアウトを検討しましょう。
店舗を店頭・店央・店奥の三分類し、横割りレイアウトが主流です。