店舗に応じたレイアウト(飲食店編)

実際に飲食店で設けられた動線の例を紹介します。
例:正方形のレイアウト

正方形のレイアウト

ポイント

線が回遊動線になっているので、テーブルへのサービスをしながら、他の客席をチェックすることが出来るし、客席へのアプローチも自然に行なうことが出来る。

・入口とサービスカウンターの2方向から客席を見ることが出来るので、死角になる部分が少ない。
・暇な時間帯は2名体制で、レジに1名、ディシャップ前に1名を配置する。